自分に合った枕の選び方

IMG_8355

こんにちは、国分寺市 恋ヶ窪駅徒歩6分。ぶんバス日吉町4丁目停留所徒歩1分。心と体を元気にする すずき接骨院 院長の鈴木則勝(すずきのりかつ)です。

今使っている枕は本当に自分に合っているのでしょうか?枕が合っていないと様々な不調が体にきます。よく寝違える、寝付きが悪い、中々肩こりが治らない、頭痛がある、疲れがとれない、首や腰が痛い、など。

95615a61f29622dcfa79d752755cda7a_s

 

 

 

 

 

 

今回は自分に合った枕はどのようなものかをご紹介いたします。

そもそも枕とは?

そもそも枕とは睡眠時に首に負担がかからないようにして、首を休ませるものです。合わない枕を使っていると、首が不自然な角度になり、首の回りの筋肉が緊張します。すると神経を圧迫して痛めることになるのです。

07a2e8e4019fc19a69b05ba29a15a76f_s

首は脳と胴体をつなぐ連結部であり、全身を司る神経が集まっているとても重要な部位です。

 

 

ですので、睡眠時に筋肉が緊張してしまうと睡眠の妨げになってしまい、さらに「頭が重い」「イライラする」「疲れやすい」といった不定愁訴も首に原因がある場合が多いです。肩こりも肩の神経は首から出ているので厳密に言えば「首こり」であることが多いのです。

自分に合った枕とは?

7c1e42ccc1926814a24b5108de39dd0b_s

 

枕を選ぶときのポイントは

 

 

①正しい睡眠姿勢になっているかどうか。

②寝返りのしやすさ。

①②を踏まえての高さ、素材(硬すぎず柔らかすぎず)、形です。正しい睡眠姿勢とは首に負担がかからない、首を休ませる姿勢です。実際に寝て確認しましょう。

正しい睡眠姿勢

makura1

 

仰向けで枕をした時に顔の向きがベッドと平行になることです。

 

 

あごの位置を確認してください。枕が低すぎるとあごが上がってしまい、逆に高すぎるとあごが引けてしまいます。写真の位置がちょうどいいのです。

makura2

 

横向きの時は顔の中心線とベッドが平行になることです。

 

 

正しい睡眠姿勢になる枕の高さが首に負担がかからず、筋肉がリラックスした状態で寝返りがしやすいのです。

枕を正すことにより、しっかり熟睡できて、体の不調が改善に向かうのです。

うつぶせ寝は×

841d51e38490f5b45810a7c34b18e3e4_sうつ伏せ寝は首の骨がゆがみやすくなるので、やめましょう。枕が合っていない可能性があります。

 

また枕が合っていない可能性がある、朝起きた時の状態は

枕がズレている。

枕の下に手を入れている。

枕がドーナツ型にへこんでいる。

疲れが取れない。

首が重いなど。

当院では

当院では高さ調整枕を取り扱っております。

当院の患者様からは

「良く寝られるようになった」

「疲れが取れる」

「首コリがなくなった」

「枕が合わなくて10個ぐらい買って試したけど合わない。でもこの枕は合う」など

IMG_5404

 

とても患者様に好評です。お試しもできますのでお気軽にお声掛けしてください。

 

自分に合った枕で快適な睡眠をとり、元気に毎日を過ごしましょう。

 

心と体を元気にする すずき接骨院

東京都国分寺市日吉町4-6-10

TEL042-323-5276

E-mail nori@suzukisekkotsu.com

受付時間

月~金 8:30~12:30  15:30~19:30(予約優先制)

土 8:30~12:30(予約優先制)13:00~(予約制)

急患随時対応致します。往診ご相談応じます。

休診 日曜、祝日

院前3台駐車場完備

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です